前へ
次へ

結婚式のマナーで出欠がギリギリまで不明な時

結婚式を行うときは自分たちのことを優先するか、出席者の事情を優先するかで日程の決め方が変わります。
結婚する側を優先すれば安い平日の方が良いのでしょう。
その代り出席者は平日に仕事を休んで来てもらう必要があります。
一方多くは出席者の事情を考慮しようと土日祝など仕事などがない日に行うことが多いです。
ただすべての人が土日祝に休みがあるわけではなく、仕事でなくても私用の用事はそれなりにあるかもしれません。
ある人は仕事柄土日祝の休みが不定期な人で、結婚式の案内をもらったものの式当日の休みになるかどうかがもう少し先にならないとわかりません。
結婚式のマナーとして出欠の案内はギリギリにださないようにとされていますがどうすればいいかです。
このときは結婚式のマナーの例外として事前に電話などで返事がギリギリや期限より後になることを伝えておきましょう。
分かった時点ですぐに電話をし、さらに期限後でもいいので返信ハガキを送るようにしましょう。

Page Top