前へ
次へ

結婚式のマナーで返信ハガキに句読点の有無

新聞や本、その他ネット上の文章などでも句読点が付けられています。
もし句読点が無かったらかなり読みづらくなるでしょう。
元々の日本語にはなかったようですが、読みやすくするために使われるようになり今も残っています。
元々読みやすくするためのものなので、一定の目的で作成される文章に対しては句読点をつけない方が良いことがあるようです。
一般常識やマナーとしても知られているので、きちんと守るようにしなければいけません。
結婚式のマナーとして返信ハガキがありますが、通常は出欠のどちらかに丸などを付けて自分の名前などを書けば済みます。
ただ心遣いとしてちょっとしたメッセージを書くのが良いとされています。
出欠に関わらず何か気持ちを伝えると良いでしょう。
その時の結婚式のマナーとして句読点をつけてはいけません。
句読点は区切りや終わりを示すための記号ですが、結婚をする人にとっては区切りなどはあまりうれしいものではありません。
そのことからつけないのがマナーとなっています。

Page Top