前へ
次へ

結婚式のマナーで行や宛をどうするか

学生時代はなかなか社会人としてのマナーを学ぶ機会がなく、高卒で社会に出ようとすると恥ずかしい経験をするときもあるでしょう。
大学などだと就職活動において初歩的な社会人のマナーが身に着けられますが、それでもそれだけで社会に出ると失敗が多くなります。
多くの会社では新入社員に対して新入社員教育としてマナー研修を行い、日常的に行うべき行為を学べます。
返信用封筒にある行や宛の文字をどうするかは一般常識として知っておく必要があります。
結婚式のマナーとしても行や宛をどうするかがあるので注意が必要です。
結婚式の案内においては詳細が書かれた案内状の他に出欠を知らせるためのはがきも入っています。
このはがきは差出人つまりは結婚式を行う当事者の名前が書かれていて通常様と書く部分に行や宛と書いてあります。
結婚式のマナーにおいては一般常識のマナー通りこの様や宛を修正した上で様に書き直す必要があります。
縦書きなら縦の二重線を使い横書きなら横の二重線を使いましょう。

Page Top