前へ
次へ

結婚式のマナー・装いについて

結婚式のマナーとして、両親の正式な装いは、新郎新婦が和装の正式礼服なら、父親は五つ紋付袴、母親も黒留め袖が原則となります。
洋装の場合は、昼間と夕方以降では正装が異なりますので注意が必要です。
昼の挙式なら父親はモーニングコート、母親はアフタヌーンドレスにします。
夕方以降は、父親は燕尾服かタキシード、母親はイブニングドレスにします。
ただ、最近は、新郎新婦が和装正装から洋装正装にお色直しすることが多くなっていますので、父親がモーニングコートで母親が黒留め袖にするなど、和洋の別は両親の好みに合わせてかまいません。
特に注意したい結婚式のマナーとしては、母親は新婦や招待客を引き立てることを心がけ、落ち着いた色合いで、できれば無地のものを選び、和装の黒留め袖と同じ格式の装いになるよう心がけましょう。
また、父親と新郎の服装は同じものになることが多いので、和装の場合は父親の袴の色や縞を、洋装の場合は父親のネクタイを地味なものにするなど、新郎を引き立てる工夫をしましょう。

Page Top